会長挨拶

池田 弘

昨年も一昨年に引き続きコロナの変異株が世界を席巻し、今年に入るとわが国でもオミクロン株が猛威を振るうようになりました。一方で各国政府によるコロナ禍に対する経済対策が一部に資金余剰を生み、原材料や燃料価格の上昇を招き、米国を中心にインフレ懸念が高まりつつあります。
また、米中対立に加え、ロシアがウクライナに軍事侵攻し、エネルギー需給も含め世界経済に影響を与えております。火山の噴火や地震、大洪水など自然災害も頻発し、世界はますます不安定化しつつあるようです。
こうした中、わが国では昨年7月より1年遅れで東京五輪・パラリンピックが無事開催され、10月には新たに岸田文雄政権が発足しました。岸田首相は成長と分配のバランスを重視した「新しい資本主義」を掲げ、経済成長と格差の是正の両方を実現する社会を目指して歩み始めたところです。
また、地方創生に関しては新たに「デジタル田園都市構想」を打ち出し、地方のデジタル化を推進することにより、地方経済を活性化しようという試みが行われています。さらに前政権に引き続き、 2050 年までに温室効果ガス排出ゼロという施策を堅持し、スタートアップ支援に関しても積極的な姿勢を示しています。われわ れのニュービジネスの種がそこかしこに蒔かれているようにも感じられます。
ところで、明治維新(1868年)から終戦(1945年)までが77年なのですが、その終戦から77年目が今年2022年に当たります。そういう意味で、今年は日本にとって大きな転換点となる年になるかもしれません。                       JNBとしても、コロナ禍にめげることなくオンラインによる JNB セミナーを積極的に開催し、全国各地の NBC に集う 3900 社を超える会員企業の皆様に有益な情報を発信するよう努めてまいりたいと存じます。
さらに全国の皆様の経営の現場の声を集約し、政府に対し具体的な提言活動を行なってまいりたいと思います。
なお、昨年12 月の第 17 回全国フォーラム in 神奈川も昨年に引き続きオンラインでの開催を余儀なくされましたが、新たな取り組みとして「バーチャル空間」での開催にチャレンジ致しました。運営に当たられた神奈川ニュービジネス協議会の皆様には最後まで開催に向けご尽力いただきました。改めて御礼申し上げます。
一方、今年12 月の第 18 回全国フォーラム in とちぎでは、一昨年の悔しさをバネによりパワーアップした大会となることを期待しています。
今年こそ皆様の元気なお顔を拝見できることを楽しみにしております。


公益社団法人 日本ニュービジネス協議会連合会
会長   池田 弘

2022年4月1日