会長挨拶

池田 弘

昨年は全世界がコロナ禍に揺れた1年でした。わが国でも昨年末より第3波に見舞われ、1月7日からは1都3県に再び緊急事態宣言が発出されました。そして1月13日には発出範囲が11都府県に拡大されましたが、2月に入りようやくその効果も現れ始め、またワクチン接種の準備も着々と進められつつあるようです。

私たちはコロナ禍の中、新しい生活様式を強いられることになりました。しかしそれは新たなイノベーションを生むきっかけでもありました。リモートワークの普及はDX(デジタル・トランスフォーメーション)の歩みを10年進めたとも言われており、また過去30年にわたり続く東京一極集中の人の流れも、昨年5月以降は東京の転出超過となる月が多くなってきております。さらにコロナ対策においては各都道府県の自律的な判断が問われることとなり、不要不急の外出を控える中、より地域コミュニティの重要性が意識されることとなりました。

一方、昨年11月の米国大統領選挙により今年1月よりバイデン新大統領が誕生し、世界は一気に脱炭素社会へとシフトしてまいりました。わが国も昨年9月に発足した菅義偉政権のもと、2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにするとの施政方針が明らかにされました。今後30年間で関連する技術開発が一気に進むものと思われ、こうした一連の動きはGX(グリーン・トランスフォーメーション)と評されるようになりました。

このような中、全国各地のNBCに集う3800社を超える会員企業の皆様におかれましては、日々の経営を通じてコロナ禍で疲弊した地域経済をしっかりと支えながら、新たなDXやGXなどの変化の波に対応し、たくましくこの難局を乗り切っていただきたく思います。JNBとしても、全国の会員企業の皆様の声を集約し、政府に対し具体的な提言活動を行なうとともに、JNBセミナー等を通じて有益な情報発信に努めてまいりたいと存じます。

なお、昨年10月の第16回全国フォーラムはオンラインでの開催を余儀なくされましたが、全国から参加しやすく内容も充実していたとの声もいただきました。開催予定地であったとちぎNBCの皆様、リモート開催に尽力いただいた関係者の皆様に改めて御礼申し上げるとともに、今年10月の第17回全国フォーラムin神奈川では、リアルとリモートのハイブリットでの開催により、よりパワーアップした大会となることを期待しています。

皆様の元気なお顔を直接、間接に拝見できることを楽しみにしております。


公益社団法人 日本ニュービジネス協議会連合会
会長   池田 弘

2021年4月1日